【HN】風間


【Twitter名】
(ちょいちょい変わりますw)

風間@K
風間海賊団(添乗員)@風間


【ナンパ師Lv】11
【PR】会社員
【顔面偏差値】B-級フツメン

【特徴】
老化&劣化と日々戦っている。
ショボ腕の癖に、スト高狙い( ´艸`)


【過去の職歴】

ホスト、風俗のボーイ、パチプロ、ニートetc



【主な出撃場所】

池袋、新宿、渋谷、六本木



 【現在のナンパstyle】

ストナン



【好きな女性】

なるべく10代寄りの若い子。そして軽くやらせてくれる心の優しい子。



【ナンパ服装】

キレカジ系






【尊敬するカリスマナンパ師】




俺はこの方に憧れてナンパを始めました。幾多の色を使いこなすイケメン。放つオーラ。雰囲気。その全てが自分の理想像。

口説く女の子一人一人に物語がある。

男としての本物の優しさが伝わってきます。動画やメルマガの配信でナンパの技術さえ無償で提供していただける言わずと知れたナンパ界の有名人。



@皇さん関連記事

ナンパンマン皇さんに初めて会った日。


@皇さんとの納涼船初出撃

前編】【中編】【後編




その実力と実績は間違いなく日本NO.1のナンパ師。超絶な美形顔。
この人に声を掛けられた子は即られます。笑
流星さんはナンパの講習もされています。
俺はもっと早く受けに行けば良かったと後悔しました。
親切かつとても面倒見の良い、ナンパ界の先導者でございます。


@流星さん関連記事



@流星さんとの納涼船初出撃
前編】 【後編





オープナーやルーティーンといった必要不可欠な技術があることをブログから教えていただきました。

理論に基づいているので、説得力がハンパじゃないです。様々な企画を計画し、実行し実現させていく姿は読んでいて胸が熱くなります。




@ツイッター


@kazamananpashi


【KYコンビ:相方yuuのツイッター】

@mr1shady


2014/0501~
never forget Everything started
from here.






@日記で使っているスト値

S級...パーフェクト。芸能人レベル、出会えただけでラッキー。

A級...スト高。超絶可愛い。付き合いたい。

B級...可愛いと言えるレベル。
手を出すのに躊躇がない。

C級...可愛いとは本心で言えないレベル。
遭遇率が1番高い。

D級...無理っす。

記事では+、ーを付けて表記してます。
尚、このスト値は風間の独断と偏見によるものなので、かなり好みに偏りがあると思われます。笑




@合流について

合流希望の方はコメントやTwitterの方までご連絡をお願いします。
現在の私は、ストナンとクラナンのみの活動をしております。
300BARの合流は、申し訳ございませんがご遠慮させていただきますm(_ _)m




@風間の過去紹介シリーズ

~風の民に惚れた~

~歴代TOP3に入るスト高~

~そしてナンパ師になった~




@企画ナンパシリーズ

池袋

池袋&渋谷@初番ゲ

渋谷&新宿@初連れ出し






@スト高(A級)遭遇記事

スト高女王 【前編 】【 後編





@2014年新規ゲット

4月
no.1 ネトナン即

5月
no.2 300BAR即

no.3 ストナン準即

6月
no.4 合コン準準即

7月
no.5【船】即

no.6【船】準即

no.7 クラナン準準即

no.8 ストナン準即

9月
no.9 クラナン即

no.10【船】即

no.11【船】準即








俺は約半年の間、ナンパを続けてきた。


当初は、男としての自信を失った自分自身を変えたいという思いが1番強かった。

だからいつも必死になれた。
ガンシカされることに初めは傷付いていたが、次第に人とのコミュニケーション能力が身に付き、それは現在の仕事でも活かされることとなった。

夏子と出会い、本当に楽しい時間を彼女と過ごしてきた。
俺はその頃から、どうして大切な彼女を悲しませてまで自分がナンパをしているのかが、よく分からなくなっていった。




過去を振り返っている理由はひとつ。




この記事を書いている俺は今、ひとつの区切りをつけようと思っています。


ナンパを介して本当に沢山の良い出会いに恵まれました。




その中でも特に思い入れのある人達。




沢山の戦場を駆け巡り、苦楽を共にした最高のウイング兼最高の友達、yuu。

何故か初めからフィーリングが合い、コンビをしているだけで楽しく、自然とテンションが上がってくる凄腕ダブくん。

俺にナンパとナンパの素晴らしさを教えてくれたカリスマ。そして面倒見の良い兄のような存在。ナンパンマン皇さん。

まるで自分のことのように俺のことを考え、いつも叱咤激励してくれた道場主。
流星さん。



皆、俺がナンパをしていなければ出会えない人達だった。






そして2014年。残暑の残る9月上旬。






俺はナンパよりも大切に思える人にとうとう出会った。











9月上旬。yuuと出撃した納涼船で、今付き合い始めたばかりの彼女と出会った。
声を掛け、初めて彼女を見たその時から、彼女に惹かれた。
普通の女の子かと思っていたが極度の人見知りで、初めはなかなか心を開いてくれはしなかった。
少しずつ、時間を掛けて彼女との信頼を築いていった。

俺は彼女の過去の話を聞いた時に、彼女が寂しがり屋である本当の理由が分かったような気がした。
俺のせいで色々と悩み、困惑させてしまったかもしれない。
それでも彼女が悩み考え、俺と一緒に居ることを選んでくれたのだと思っている。


絶対にナンパ師バレをしたくなかった俺はアメブロを閉鎖し、簡単に検索に引っかからないようにブログを移転した。




しかし彼女は俺のブログを見てしまった。




俺はまた大切な人を自分のブログで傷付けた。正直ブログが見つからなければ、俺は彼女にずっと秘密にしているつもりだった。しかし深夜の電話で、『眠れない。』と彼女が言った。

『もう会わずに終わりにしようと思った。』

『でも好きだからそれが出来なかった。』


ブログを読んでしまっても、俺のことをこんな風に想ってくれる。
そして俺が今、何よりも大切に想う人も彼女以外に居ない。築き上げてきた信頼を失ってしまったが、それを取り戻す方法が今ならひとつある。






俺がナンパ師を辞めること。






先月、彼女とスカイツリーに行った。
そこは俺にとって忘れられない場所だった。ある人との思い出が残っている。
ずっと忘れられない人だった。
誰をナンパしていても、心の中でずっと比べてしまう程に大切な人だった。


その人を忘れさせてくれる魅力が彼女にある。彼女と居ると俺は前を見て進んで行ける。だから俺は、彼女のことを大切にする努力をしたい。





ナンパをしなければ出会えなかった人達がたくさん居る。





俺はナンパ師になって本当に良かった。
たくさんの人の温かさを知ることが出来た。

絶望の中に居た俺は、出会った大切な人達によって救われた。
ナンパ師は、世間から非難されてしまうような人も中には居るが、少なくとも俺が好きになった人達は皆、誰かを幸せにすることの出来る力と優しさを持った人達だった。



俺が一人の男として成長していく為に。
今不安の中に居る彼女を、ナンパ師ではない、たった一人の男としてこれから迎えに行くつもりです。








【最終結果】は、
こういうことです!\(^o^)/









30歳バツイチは、ナンパで大切な友と師と彼女に出会うことが出来た。










今まで私のブログにお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。




風間@K







ー完ー




9月を迎えた俺は好調だった。
出撃する度にコンビでのGET数が増え、KYコンビの勢いは増すばかり。


そんな結果とは裏腹に、夏子との付き合いには少しずつ距離が生じていった。

夏子は年内には辞めると言っていた風俗の仕事を9月に辞めた。今後の生活や残ったローンを計算し、もう自分の体を売らずに生きていく強い決意をしたのだった。
俺は本当に嬉しかった。しかしその反面、これで彼女とのバランスが崩れることが予想出来た。



俺たちの付き合いは、ナンパ師と普通の女の子という形へ大きく変化した。



これからも彼女と付き合っていくならば、俺も普通の男に戻るしかない。
しかし、その決意までには至らなかった。
夏子が前の男との関係がまだ続いていることに俺は気付いていた。それでも俺は気づかないフリをした。
ナンパして、その日に会った子に手を出している俺が言えたようなことじゃない。
お互いに、どうにもならない蟠り(わだかまり)が生まれてしまった。



そして夏子との別れを迎えた。




自分勝手な俺は、他の男と会っていることがもう許せなくなった。そして俺との約束を軽く考え始めたこと。
でもそれは、全て俺が悪いと分かっている。俺が夏子と、ただ普通の男として付き合っていたのなら答えは違ったのかもしれない。
いつからか家事を全てこなしてくれる彼女に甘え、俺は少しずつダメになってしまっていた。
唯一、彼女が苦手な料理を作って俺の仕事の帰りを待っていてくれたことがあった。
あんまし美味しくは無かったけれど、苦手なりに精一杯努力して作ってくれたことが深く感じ取れた。
それが何よりも嬉しかったよ。

たくさん傷付けてしまったけれど、あんなに楽しい夏を一緒に過ごせた事に心から感謝しています。








本当にありがとう。








そして彼女が誰か大切な人と幸せになってくれることを俺も願います。





2014年夏③完






↑このページのトップヘ