兼ねてから夏の話題となっていた納涼船。
yuuと出会った頃から、シーズンになったら絶対乗船しようと話をしていた。
俺は納涼船に出向くのは今回が初めてのこと。経験者のyuu曰く、この船はディズニーランドよりもエンターテイメントに優れている。浴衣姿の若くて可愛い女の子達が浜松町の駅に続々と集まってくる。
今まで感じたことのない期待に胸を躍らせながら、yuuとの合流を待っていた。



KYコンビ【納涼船☆初出撃】
フィールドレポートをお届けします。





前日の出来事

久し振りにyuuと六本木のV2へ出撃した。
お互いに朝から夜まで働いてからの合流。俺は疲労から、顔とトークにキレがない。(元々大したものを持ってないw)

一方のyuuは、


風邪を引いているwww


3時を過ぎる頃には、yuuの声が完全に死んでしまったw
お互いにクラブで会話を出来るレベルではなくなった。早々にV2を後にして、朝の渋谷でストをした。

今思えば、この早朝ストを2人で行ったことが納涼船でのナンパに活きることとなった。yuuの声が枯れるというイレギュラーから、自然にコンビナンパのオープナーが確立されていったのだった。笑





【浜松町】
納涼船出港前

この船に乗る為に浴衣を購入した。
アイスを食べながら乗船時間を待つチームKY。俺は買ったばかりの扇子をベンチに置き去りにするというミスを侵してしまった。笑

マヌケな失態に、軽く落ち込んだ気分のまま乗船となったが、船に乗り込むと落ちた気分は一新された。



そこは正に、海の上に催された最高のパーティー会場だった。



船上で夜景を観ながらお酒が飲める非日常空間。
流れている音楽にテンションも上がる。
周りの浴衣を着ている女の子達は皆若い。
やっぱりテンションが上がる。笑


制限時間は約2時間。


@1組10分~20分程の和みで放流する。
@連れ出し案件を可能な限り確保する。
@コンビ即を狙える案件ならば、風間邸へと誘導する。



【PUA見習い】
KYコンビ参ります!!




俺とyuuは早々に声掛けを開始した。


ウォーミングアップを兼ねて、まずは普通な感じの女の子2人にyuuが話しかけた。
ガラガラの声でファーストアクション。
そこに俺が『ごめんね!何言ってるか聞こえないでしょww』『ホント昨日の夜までは、めっちゃイイ声出てたんだよ!w』と入る。
風邪ですか?と聞かれたyuuは、


鼻炎だと言い張るwww


そして喉にシュッシュするアレを、ドヤ顔で取り出してのワンセット。
今日の声掛けのオープナーは、ほぼこれを繰り返し行った。笑

どの子も皆笑ってくれる。反応が良い。恐らくナンパ慣れしていない子の方が多いんじゃないかと思えた。
早々に番ゲ。クラブでの声掛けよりも遥かにやりやすい。それは会話がちゃんと聞こえることの一点に尽きる。笑


ターゲットを探している途中で、偶然yuuの既セクに遭遇。めっちゃ可愛い子だった!さすがyuuくん(*´艸`*)
そして声死んでるけど、どうしたのと心配されていた。笑


1番上のデッキに上がり、とりあえず一周回ってみようかとサージングしている時だった。
夜景を見ながら何かを食べている私服の2人組が居た。1度通り過ぎて、yuuに行くかどうかの意思の確認を取った。
話しかけてからの良いイメージがあまり湧かなかった。それでも試しに行ってみよう。彼女達の居る方向へと2人で向かい、声を掛けた。



B級22歳新卒社会人
C+級23歳ショップ店員
#B子、C子で表記します。



今日お決まりのコンビオープナー。
予想外の反応の良さ。彼女達が食べているケバブをネタにして更に会話は盛り上がる。完全に主導権を取った。
この2人は連れ出せると確信した。

話していたポジションから、俺とC子でLINE交換。yuuとB子でLINE交換をしたが、俺は位置を変えてB子のLINEを聞いた。それは勿論、


B子が自分のタイプだったからだ。


yuuは俺の可食レベルが狭い事を知っている。この事は先日、流星さんにも相談させてもらった。そしてこう言われた。



『そんなプライドは捨てろ。』
『プライドは恐怖心を生む。』



俺はこのチンケなプライドを捨てられないでいる。
アイコンタクトも何も無かったが、yuuは俺のことを察して、担当をチェンジしてくれた。
またyuuに甘えてしまった。純粋にyuuの方がナンパ師としての能力が高いと思った。本当に尊敬出来る器量を持っている。見習わなければいけない所がたくさんある。
だからこそ俺のウイングはこの男しか居ない。
PUAになる為にプライドを捨てる。俺がこの課題をクリアするまで、もう少し時間をくださいm(_ _)m
今度豚さん限定ストとかやってみます。笑



浴衣ダンサーズが踊り、アイドルグループがステージで歌を歌い、俺よりもちょっと勝るAFCの皆さんが一生懸命声援を送っていたw
納涼船は本当にエンターテイメントな場所だと思った。



彼女達を放流してからも声掛けを繰り返し行ったが、彼女達以上に最適な連れ出しの案件は見つけられず。

船が港に戻る前に、偶然にも上層のデッキで彼女達と再合流出来た。そこからはもう完全にマンツーマンで徹底マークw
浜松町の居酒屋で飲むことが決定された。

居酒屋へ向かう道中。
yuuとC子ペア、俺とB子ペアと離れて歩いた。それは俺の浴衣の裾が長く、歩くスピードが遅かっただけかもしれない。笑

B子はめっちゃ小柄で、いかにも女の子という性格。声も可愛らしい。
笑いながら俺の肩を軽く触ってくる。IOIを確認。この後の居酒屋から流れをどう持って行くか。ぼんやりと考えていると駅に到着。海鮮料理&個室と書いてある居酒屋に4人で入った。


乾杯をしてから和みトーク。
彼女達はまず終電の時間を確認していた。
3人は明日休みなんだから大丈夫x2!明日仕事なのは俺だけなんだから!と言いつつも、1人だけ環境の違いに軽く絶望。笑

お決まりの恋愛遍歴+価値観トーク。仕事トーク。
yuuが美容師であることから髪の毛の話題に。俺は三つ編みなら出来んよ!と言って、彼女の髪を雑な三つ編みに。笑
そしてyuuのC子の髪を実演にした美容師トークを2人とも食い入るように聞いていた。yuuは仕事の話はしたくないと言っていたが、彼女達は興味津々だった。笑

しばらく飲んで話した終盤での会話。
さて、この後どうしようか。
『スポッチャ行こうか~』『バドミントンやろうか~』等、彼女達もまだ遊ぶ気があることを確認。そして、


『皆で花火やろうか!』


誰かが言ったこの一言が決め手になった。
(風間邸最寄り駅)に、屋上で夜景を観ながら花火も出来て、朝まで飲めるとこ知ってるからそこ行こう♪

『行く~♪』x2

こうして風間邸への連れ出し
(連れ込み)が確定したのであった。


コンビニで買い出しをして4人で家へと歩く。
ここで彼女の手を握ってみた。手を握り返して来た。IOI2個目。これはイケる。


あらっ!納涼船即キチャッタ⁉︎(*´∀`)


この時はそう思っていたのです。笑



風間邸到着。
一軒家に1人暮らしなことに、やはり驚く彼女達。

本当に連れ込む事を想定してなかった俺は、慌てて部屋を片付けた。まだ畳んでいない洗濯物をガンガン隠す。笑

応急処置を終えたところで、リビングに皆を迎え入れた。

飲みながらババ抜きや大富豪、家を使っての隠れんぼをして遊ぶ。可愛いバツゲーム付き。
そして深夜の屋上で、イイ大人達が花火をやって楽しんだのだった。笑

本ギラのタイミングが掴めないでいた所、yuuがC子の膝の上で寝始めた。
俺は寝室からリビングに布団を取って来て、眠かったらここで寝んねしなと言い残し、彼女を連れて寝室へと移動した。



そしてここから2時間にも及ぶ
攻防戦が繰り広げられることとなった



寝室に迎え入れた彼女は結構警戒していた。テレビを付けて、ベッドの上で少し彼女との距離を置いて雑談。ゆっくり時間を掛ければ大丈夫だろうと思っていた。

徐々に彼女との距離が近くなりキス。
若干のグダはあったが、このグダは弱かった。キスをしながら会話を続けた。
そして首→耳と攻めてワンピースの下のストッキングに手を伸ばすと、鬼グダw

そのラインナップは、

@まだ付き合ってないグダ
@まだお互いをよく知らないグダ
@下に友達が居るグダ

で、あった(・◡ु‹ ) ✧笑



彼女の付き合った人数は3人。
内2人は高校1年の時に少し付き合って別れたとのこと。実質の経験人数は1人。
その1人とは3年半もの間付き合い、今年就職してから別れたと言っていた。


こりゃ堅いわぁ~\(^o^)/


彼女の仕事が激務であること。プレッシャーの掛かる職に就いた為、最近は遊ぶことさえも少なかったと打ち明けて来た。

そこで俺の就職してから、今のポジションに就くまで仕事に明け暮れていた頃の体験談を彼女に話す。
自分の仕事における能力を、なるべく謙虚な言葉を選び彼女にアピール。
そして俺は彼女の仕事に対する志が立派だよと言って認める作業を繰り返した。


すると、


彼女からキスを返すようになった!


ちょっと前進。笑
イケる!もうちょいや!頑張れ俺!www


それから、今日数多くの人の中から彼女と出会った偶然性を説いた。





だからちょっと胸出してくれる?と彼女に言ったw






すると、


お腹だったらイイよ♡と返事!


またちょっと前進。笑
俺は、最近5キロ太ったと言う彼女の少しプニプニしたお腹の肉を全力で攻めた。

そして、くすぐったいからやっぱりダメ!と言って、めっちゃ笑って暴れるwww

ここでまた少し休憩。

それから、これからの彼女との楽しい未来を連想させる会話を繰り返した。
今度どこどこへ行こう。なになにを食べよう。あとケバブも食べよう。笑


すると、


ようやく胸へのガードを突破することが出来た!www


そこからはもうひたすら全力。
ストッキングの上からでも下がどうなっているかが分かる。
そして膝までストッキングと下着をスライドさせたその時だった。

突然起き上がった彼女に抱きしめられながらこう言われた。


『やっぱりまだ早いからやめよう。K君のこと嫌いになりたくない。』





アカン!もう絶対無理なパターンやコレ!wwwww

こんなセリフが来ることを予想していなかった俺は、『…分かったよ。俺もB子に嫌われたくないから。よし。やめよ\(^o^)/』と、


風間AFCクオリティが全開になりましたwww

いやー。これが2時間という長期戦が繰り広げられた全貌となっております。
とにかくずっとイチャついてただけで、時刻は朝の4時半。
2時間後には会社に行かなくてはいけないという、絶望を味わいながら少しの仮眠を取ることに。


6時に彼女が起こしてくれたので、リビングへ降りて行くとyuuが起きていた。
C子はまだ爆睡中。

yuuに家の鍵をひとつ預け、帰りにポストに入れておいてと伝え家を出た。
すると、yuuが俺を見送りに出てきた。


そして、


yuuの納涼船即の報告を聞けた!✨\(^o^)/


コンビ即は成らなかったが、結果が残ったことが嬉しかった。
KYコンビ初の納涼船。連れ出しからの1即を実現させたのは、他ならぬ2人の力なのだから。


俺は今日の反省を今後に活かそう。
そう思いながら車に乗り込み、フラフラと仕事へ出かけて行くのであった。



ー完ー



【結果】
コンビ連れ出し
1即(yuu)


総括

初の納涼船出撃。船上の声掛けの時点から、今回はかなりの手応えを感じていた。
コンビでの声掛けには、連携力が必須である。今日の感じだと、ボケとツッコミに分かれてトークをしたほうがウケが良かったように思う。そしてyuuの声が枯れるイレギュラーを、逆手に取って活用出来た自分達を初めて褒めてあげたいと思った。

今日の案件は、俺もyuuも見た目を褒めてもらってはいないと記憶している。
俺達と一緒に居たら楽しそうだと、彼女達は感じたのではないだろうか。
恐らく、今回が今までで1番達成感のある連れ出しだったと思う。
今後はまたyuuと反省会を開き、精度を高めていきたい。

そして俺の戦った鬼グダ。
以前の俺ならば、これはしょうがなかったと、まとめていたのだと思う。しかしそれは違う。
これは単に俺の魅力が足りなかっただけだ。彼女が踏み込んでも良いと思えるキッカケを作りだせなかった。
崩せないグダではなかった。個人的には非常に悔しい結果だ。それでも何が足りなかったのかを考えるしかない。

最近、結果が出ていない自分に焦っているのかもしれないが、焦っても事は上手くいかないということは理解している。
開き直ってまた次の機会を狙おう。準即の可能性が消えた訳ではないのだから。


もっと準備をして、次回の出撃に備えよう。いつか結果が出た時には、良記事が書けるように最善を尽くしたいと思います!


yuuくん早く風邪治しましょうw
お疲れ様でした!\(^o^)/



fin.