2014年05月



【前編】からの続き。



池袋サンシャイン通り
21:00頃


30人達成が見えてきた。
結果が完走のみでも自分を褒めてあげよう。
そんなことを考えながら声を掛けた。



22人目 ギャル曽根似の勿論ギャルw
信号待ちで鏡を見ていた。信号が変わり、歩き始めてから声を掛けた。

わざとらしく驚く。

『うっわ~、さっき鏡でそんな可愛い顔確認してたんだwww』ギャル曽根が笑った。
会話。彼氏グダ。私よく池袋来るんで、もし今度会えたらその時は番号教えます♪と言う。『そんな奇跡ないわwwでも顔覚えとくよ!』放流。

そしてすぐに顔を忘れた。



もう後頭部が坊主になってきた。笑
しゃあない。頭を丸める覚悟を決めた。


そんな時にLINEが鳴った。


【GW初日】に出会ったyuuからだった。
仕事が終わったから渋谷で合流してくれるとのこと。ヤバイ。めっちゃ嬉しいwwww
これで孤独じゃなくなると思い、池袋駅へと軽快なステップで移動を開始。


駅へ向かう道中。
23人目 ギャル
『お疲れ様。俺これから渋谷行くんだ♪
一緒に渋谷行こ~♪』→行かないからww



今日1番雑な声掛けだった。笑





渋谷ハチ公前
21:40

渋谷へ到着。yuuと合流。
相変わらずのイケメンかつイイ男!!!!笑
俺が女だったら惚れてまうわぁ~笑

安堵からか、握手を忘れるミスをするw
彼にレッドブルを奢ってもらった。
とてもうまかった。笑


会話も程々に、2人でセンター街へと歩き出した。
話している途中でも、イイ子が居たら声を掛けに行く。先に動いたのはyuuだった。俺も負けていられにゃい。



24人目 B+級 赤いニットの学生
『その赤いニット似合ってるねぇ~!』
ありがとう♪と返事あり。会話。
帰るグダと学校が忙しいグダだったが、ずっと笑ってくれていたので会話が続いた。
もう少し粘れば番ゲ出来たかもしれない。
放流が早かった。反省。


コンビニ前にてタバコ休憩。


yuuと談笑中にひとりの女の子が目の前を横切った。コートを着ている。OLか。仕事帰りで間違いない。吸い始めたタバコをすぐに処理して声を掛けに行った。

『お仕事お疲れ様でした~♪これからお帰りですか?』
顔をジッと見られた。


『あたしこれから仕事です♪』



完全に読み違えた!この子OLじゃないし!www



25人目 B+級 水の民28歳



『え!これから仕事なんだ(笑)あれでしょ!俺がこのまま付いてったら同伴になっちゃうやつでしょ?w』
『そう。それw』

めっちゃ微笑みながらそう言われた。
何故だろう。全然分からない。この子既にオープンしてるwww

彼女と会話をしながらそのまま歩き続けた。自然な会話だ。きっと相手がオープンしてるからなんだ。この後仕事なのは分かっている。じゃあ、

『今度遊ぼう♪連絡先教えて!』

『いいよ~♪何教えればいい?笑』



取ったどーーー!!!笑


ストナン初の番ゲに成功\(^o^)/
しかも可愛かった!笑

俺は満面の笑みを浮かべてyuuの元へと戻った。自然と親指を立てていたw

喜びを分かち合える仲間が居た。
俺は幸せ者だと思った。


その後、コンビで声掛け


2人組(コンビ)
26人目学生ガンシカ
27人目学生ガンシカ


さっき番ゲをした子にLINEを送っておいた。すぐに返事が返ってきた。よし。これで声掛けに集中出来る。


28人目 OLガンシカ


2人組(コンビ)
29人目 A級学生
30人目 B級学生前髪くるん

風『こんばんはー!なんか駅方面に歩いてるけど、どこ行くの~?笑』

2人少し笑う。
続けてyuuの一言。

yu『めっちゃイイ前髪してんじゃん。』

2人爆笑する。yuuの一声で空気が変わる。
前髪くるん『全然良くないですよw』

風『いやいや、美容師がイイって言ってんだよ!w それはもうプロがイイって言ってるってことだから!笑』

2人が振り返ってyuuを見る。イイ感じ。その後も会話を続けたが、ガードが鉄壁過ぎて放流。


甘いルールを設けていた為、30人ノックはこの2人組で達成された。


最後にもう一人。それぞれが、コレでダメならしょうがない!っていう子に声を掛けようと決めて、109前に移動。


俺のターゲットが歩いてきた。


31人目 aikoに似てる学生
『君、めっちゃaikoに似てるねぇ!』
俺の顔を確認された。

『言われたことないからww』
ライブ帰りらしい。連れ出し打診をすると、おいまさか嘘だろうという鬼グダが出た。


これから深夜バスで岐阜に帰るグダだったwwwww


俺今日どんだけ地方の子に声掛けてんの!www
自分の引きの強さに酔った為、番ゲ打診もせずに放流。気をつけてねと言うと、ありがとうと言い、彼女は人ごみの中へと消えていった。


その後、yuuと居酒屋で反省会と称し、ナンパトークとハイボールを楽しんで帰宅。


24:00
初の企画。ストナンノック30の幕が閉じた。




【結果】
31声掛け
1番ゲ




【総括】
まず、想像していた以上に30人という数字は本当にキツかった。俺はメンタルコントロールに難がある。ガンシカが連続すると負の連鎖が起きてしまう。
声のトーンが暗い時に良い反応は返ってこない。
また、第一声で持ち物や見た目をイジルほうが全体的に反応が良かったと思う。
『こんばんは。どこ行くの?』
こんな普通の声掛けはガンシカに直結するんだろうなと感じました。
今後大事なのは、トークの粘り。番ゲ、連れ出しへと繋がる会話を展開させる能力が必要不可欠だと考えます。
今日はとてもイイ勉強になったと感じられるストを打つことが出来ました。




~Special Thanks~

@心が折れて地蔵気味だった時に励ましてくれた、

Tさん
Iさん

本当にありがとうございました。
めっちゃ勇気付けられましたm(_ _)m



@そして仕事終わりにわざわざ駆け付けてくれた、


yuu


yuuが合流してくれて、メンタルが全快しました。ずっとひとりだったら番ゲをすることも出来なかった。


こんなイイ仲間達と知り合えて良かった。


これからもっと腕を磨いて、競い合って行きましょ~♪(σ≧∀≦)σ



おまけ
【番ゲした子の反応】

ナンパを完全無視はナイと思うが、食いつきはあります!!

ストナンからの準即狙ってみます(^_^)v










5/15(木)



今宵、ナンパを始めて初の企画を決行する。



第一回
地蔵じゃないなら出来るだろう!池袋ストナン30人ノックするまでお家に帰りません!!!


概要
@30人に声掛けするまで帰れない。
@2人組への声掛けはカウント2とするw
@特例として、連れ出しが出来た場合のみリタイアを認める。
@10人単位への声掛け達成時に付き一回の休憩を認める。
@番ゲが3件出来た場合はストナンノック達成とする。


少し自分に甘い気もするがこれで良い。笑
本当は2日連続60人でこの企画をやりたかった。しかし仕事が入ってしまった。ならば例え1日だけでも、今出来る全力のストに挑戦してみようと思う。


今宵の風間は作戦も用意してきた。


【作戦】
オープナーを使用する!


(オープナー=きっかけの一言)



先輩方が使ってるオープナー+自分の声掛けをイメージして独自のオープナーも考えてみた。
実際に使えるかどうかは、実践で使ってみなければ分からない。使えないものは捨てる。使えるものは更に改良を加える。


今宵のオープナー  一覧


@ミリオン・ダラー・スマイル
@偽りの時間制限
@持ち物ネグ
(from asapenさん)

@いけふくろうもビックリ(池袋限定)
@○○に似てる
@その○○似合うね

@この街1の美人を探している
(from ナンパンマン皇さん)




ホストをしていた時でも1日で30人に声を掛けたことはない。
月初にはまだ錦糸町で地蔵をしていたくらい、俺はビビリである。笑
先日、銀座でストを打った時に、およそ10人に声を掛けたのが最多記録だ。
30人全てガンシカされるかもしれない。
それなら早めに帰宅出来るかもなんて思ったり。笑
何日も前からイメージトレーニングを重ねた。とてもワクワクしていた。
やり遂げた時に、何かプラスになる変化が生まれていれば十分だ。おらやったるで!笑



自分自身を成長させる為に。行きますっ!\(^o^)/



池袋東口駅前
17:30



ストナンノック30開始!

東口からサンシャイン通りへ移動。
一本隣の道へ曲がった所で声掛けを始めた。

1人目 ギャル ガンシカ
2人目 学生 あくびをしてる時に遭遇
『あ、もしかして眠い?笑』
会話になるも放流。

3人目 ロリギャル ガンシカ
4人目 ギャル すいません。

5人目 ギャル 超ミニスカ
『そのスカートは短すぎるわ~笑』
ギャル笑う。『そして暇でしょ?』→用事ある。『ウソっしょ? 笑』→笑うもすいません。

6人目 学生
『こんばんは♪ 君はあれだね。いけふくろうもビックリするくらい可愛いね!笑』
学生笑う。会話。これから習い事行くのですいません。

7人目 学生 予定ある
8人目 学生 すいません
9人目 イヤホン子 ガンシカ
10人目 ロリ ガンシカ


徐々に声掛けのトーンが落ちていく事を実感した。


11人目A級ギャル
とてつもなく可愛い子が前から歩いてきた。あまりの可愛さに声を掛ける前から緊張していた。笑

『こんばんは♪もしかして外人さん?笑』→首を横に振る。
『あ、じゃあハーフでしょ!笑』
笑って首を横に降る。
『マジで⁉︎純日本人でその顔立ちなの⁉︎ちょっと可愛過ぎて声が震えちゃうわぁ~笑』

彼女はふっと笑っている。悪くない。NGオーラは出ていない。
しかし俺の心が疲弊していた。まだ粘れる空気は全然あった。次の会話が見つからない。出てこない。言葉を失った。


そして心が折れた。



18時50分
サンシャイン通りからちょっと行った公園にて休憩。

ファミマで缶ビールを1本買って飲んだ。
今、気持ちが沈んでいるのがよく分かる。
声掛けのトーンもいつもと同様、ダメな時のものだ。
全くもって、成功するイメージが湧いてこない。開始前のあのイメージ、テンションはどこへ行ってしまったのか。
それでも、以前程の地蔵タイムは無くなった。
残りは18人。まだ半分もこなしていない。
大きな溜め息を思いっきり吐いた。
缶ビールを一気に飲み干した。
勢いをつけるように立ち上がった。




『やるしかない。暖かいお家に帰るために!!(੭ु⁾⁾ ˃̶͈̀ω˂̶͈́ )੭ु⁾⁾笑』




声掛けを再開した。


12人目 学生
鞄から変なウサギの人形が吊るされている。→持ち物ネグ。笑わず。友達待ってるんですいません。

13人目OL ガンシカ
14人目ギャル ガンシカ
15人目学生 ガンシカ
16人目ギャル ガンシカ


スト値が低い子にガンシカされると、テンションがガタ落ちすることをここで初めて経験する。笑



17人目 金髪ギャル
『おー、髪の色似合ってるねぇ~!』
会話。どこに誘っても、帰る~♪の一点張り。放流。

18人目 学生
カラオケからひとりで出てきた学生風を発見。
『お腹空いてない?』
ご飯食べました。→『いや、食べてないっしょ⁉︎笑』粘るも帰るを崩せず。放流。




19人目A級メガネっ子美人
声を掛けるまでスト高であることに気づかなかった。第一声は勿論、

『メガネめっちゃ似合ってるねぇ!』
メガネっ子が笑う。ありがとうございますと返事があった。→とてつもないスト高だと気づく。
『こんなにメガネが似合う子初めて見たわ~!これから帰るとこ?』
『そうです。』
『帰る前にご飯食べてこうよ♪俺ひとりで飯食って帰ろうと思ったんだけど、なんかひとりは寂しくなっちゃってさ!笑』
『家で食べます。笑』
『今日は外食でもいいんじゃない⁉︎笑
1時間したら俺帰らなくちゃ行けないから、ちょっとだけ行こうよ♪デザートも付けるから!笑』
『また今度誘ってください。笑』

その後も並行トークで粘る。また誘いたいからと番ゲを打診するも返事はNO。
もっと和むことが出来ていたらと悔やんだ。自分の実力と経験値が足りないだけだ。最初の連れ出し打診ですぐ付いてくる子なんて、ほとんどいないだろう。それを前提にしたトークの展開を今後考えなくてはと思った。


20人目 バンギャル すいません

21人目 マスクをしたギャル
『うわ~、顔半分でそんなに可愛いの⁉︎
今日池袋で1番可愛いだろうね。だって顔半分でそのレベルなんだもんね。笑』
『いやいやあたし最下位ですよwもっと他に可愛い子に声掛けてくださいw』
『いやいや君より可愛い子なんて居ないから声掛けてるんだよw』

偽りの時間制限。寂しい一人飯理論を使う。

『あたしもうすぐ終電なんですいませんw』
ん?時刻はまだ21時だ。何を見え見えの嘘をおっしゃるのだろうと思い、どんだけ地方から来てんだよwww と言うと、

ホントに長野へ帰るグダだったwww

番ゲを試みる。彼氏グダ崩せず。放流。




残り10人を切った。
しかし、未だ番ゲさえ出来ていない。


ストリートナンパが如何にシビアな世界であるかを痛感させられた。それでも不思議と諦める気にはなれなかった。


こんなに難易度が高くて楽しいGAMEは、他には無いことを知ってしまったから。(σ≧∀≦)σ


巻き返しなるか。俺!!



【後編】へ続く。














俺とyuuが出会った2014/0501の話。






5月1日。元風俗子とIKEAに行く予定だった。


約束の13:00。
音信不通。


彼女と居ても俺が成長することは何もない。思いやりも愛情も、彼女に伝わらないことは去年の付き合いで分かっていたから。


少しの間、寂しさを埋めてくれたことに感謝しよう。彼女と2度目の別れとなった。


たまっていた洗濯や掃除、家に持ち帰った仕事をこなすと時刻は18時を迎えた。



よし。行くか!(゚Д゚)



俺は錦糸町に向かった。
勿論、ストをする為だ。未だに地蔵の自分と戦っている。2ヶ月経っても、まだビビっている。そんな自分がおもしろくて笑えた。

【新装備】
新シャツ、カラコン、ピアス、新しく買った香水
【効果】
イケメンポイント+10%増


ゲーセンのトイレの鏡で髪のセットを直す。
『大丈夫。俺はイケメン。俺はイケメン。俺はイケメソ…』
ナンパンマン皇さんのブログに教わった自己暗示の呪文をブツブツと唱え終わり、ロータリーへと繰り出した!



さぁ。始めようっ!!






この日、元風俗子がドタキャンをしなければ、俺はyuuと出会うことは無かったのだろう。
出会いとは本当に偶然の産物なんだなと思えた。





1時間経過。




ふう。街の散策はだいたい終わったな。そろそろ声掛けないと((´∀`))




更に30分経過。




うーん。そろそろ言葉を発しないと気持ちが暗くなっちゃう((´∀`))



歩き疲れて来た頃、前方からピンクのコートを来た綺麗なお姉さんが歩いてきた。

『まずは手始めにこの辺から行ってみるか。お姉さん、イケメソの俺が今、声を掛けますよっ!!』

1人目
B+級綺麗なお姉さん

ガンシカ。


大丈夫。大丈夫。ナンパってね。こーゆーもんだからね。気にしちゃダメだからね。

そう言い聞かせるように自分を慰め、ロータリーの手すりに座って待機。



少し左の方に、やたら周囲を観察するイケメンな男が視界に入った。


上から下までシャレている
ナンパか?それとも待ち合わせか



そんなことを考えていると、ピンクのロリータ系ファッションの可愛い子が前方から歩いてきた。


2人目
B+級ロリータファッション

『こんばんは。どこ行くの?そのピンクのリボン可愛いね!』

少し笑った。

『ご飯食べた?よかったら一緒に食べに行かない?』

『買い物があるんで…』

『そっか!じゃあまた今度誘うね♪』

断念。
俺にはこれ以上グイグイ行く力がないことを確認出来た。笑


3人目
A級超可愛いお姉さん

『こんばんは!お姉さんどこ行くの?』

お姉さん『くぁwせdrftgyふじこl

『え?何て言ったのか全く聞き取れないんだけどwww』

お姉さん『待ち合わせなの♪ごめんね』

断念。
でもすげー可愛い声だった。


そして気付いた。
そうか!声も褒めればいいのか!!\(^o^)/


4人目
A級清楚系天然少女

『こんばんは♪これからどこ行くの?ご飯食べた?』

少女『ご飯食べました。』

『まぢで⁉︎てか君、声まで可愛いね!顔も可愛いけど!』

少女『しゅいません』

『え?飲んでんの?ww』

少女『飲んでないですw』

彼女の歩みは止められず。
断念。


うーん。ん⁉︎
今日ガンシカされたの最初だけじゃね⁉︎と、ふと思った。これがGWの力なのか、俺がイケメソの呪文を唱えた効果なのかは分からないが、今までより手応えを感じた。
なぜなら今日も声を掛けているのは、可愛い子オンリーだからだ。笑

なんだかナンパが楽しく感じたw





そして、





5人目

後にKYコンビとして、
活動を共にすることとなった俺の相方。


魔導ナンパ師@yuu




K『あの、違ってたらすいません。』

K『もしかしてナンパされてます?』


Y『あ、違います。』
 

と言われたw



彼はずいぶん前からロータリーに居た。
待ち合わせにしたら長すぎる時間だ。
ついナンパ師なのかと思って声を掛けてみたのだが、彼は美容師だった。ナンパではなく、モデハンをしている最中だった。

しかし、彼との会話は盛り上がった。笑

ナンパブログに詳しい。
asapenさんのブログを俺と同じく愛読していて、彼はクラナンをしているとのこと。
ここがこの日1番の和みだったw

俺は火曜日休みに出来るから、今度一緒にクラブ行きましょうと誘って番ゲ!!笑

仲間に飢えている俺にとっては、嬉しい出会いだった。

彼の同僚Mさんが来たので、簡単に挨拶をして俺はバスに乗り錦糸町を後にした。


5声掛け
1番ゲ(♂)




これがyuuとの出会いだった。
今振り返ってみると、地蔵+声掛けから撤退の速度がハンパじゃない。笑
asapenさんの話題の他にも、yuuからきゃりーさんのブログがおもしろいということも教えてもらった。

この日、錦糸町を訪れたことは運命だったのかもしれない。
yuuとの出会いは、どれだけ女の子をGETすることよりも価値のあるものになった。
同じ価値観、志を持った仲間。そして最大のライバルであり、ウイングと呼べる唯一無二の存在。

これからも腕を競い合って共に成長して行こう。


君が居るだけで俺は本当に心強い。




never forget 
Everything 
started from here.



全てはここから始まった。



ナンパという世界に、
俺とyuuの爪痕を残して行こう。


↑このページのトップヘ