カテゴリ: 新規GET


前篇のあらすじ


暇なので残党狩りを始めた(=v=)


斜め前方から、キャリーバックを引きずる大量の荷物を所持した2人の女の子が歩いて来る。そっと近付いて声を掛けた。


K『こんばんは!これからどこの島に向かうんですか?大島っすか?(=v=)』

『大島よりも遠いですw』

K『うっわ!マジかー。大島だったら行けたのになぁ(ノ_<)残念だけど、もうホント気を付けて行って来てね!』

俺たちがニートだったら南の島から即報告が出来たかもしれない(・◡ु‹ ) ✧*笑


そこから少し歩き、横断歩道で信号待ち。
向かいには浴衣を着た若い女の子2人が手を繋いで立っている。信号が青に変わりこちらへ歩いてきた。俺とyuuも前進する。横断歩道のちょうど真ん中。すれ違い様に声を掛けた。


K『あれ?もしかしてこれから納涼船?残念だね、今日はもう納涼船終わっちゃったから!せっかく来たんだし、今度俺たちと来る時の予約取りに行こうか!笑』

こちらを見てふっと笑う2人。

yuuが2人の進行方向に立って話しかけると足が止まった。

Y『2人で来たの?』

『友達と4人で来たんだけど、あたし達捨てられちゃったの(>_<)』

K『そうか。捨てられちゃったのかwどうせあれでしょ?友達お持ち帰りされちゃったんでしょ?w』

『そうなのかなぁ(>_<)』

K『安心しろ!君達はこれから持ち帰るから!とりあえず飲み行こうw』

Y『じゃあ、皆で手繋ごうか。』



B-級 20歳JD@C子
B-級 20歳JD@D子


俺とC子。yuuとD子で手を繋いで駅方面へと歩く。2人ともほろ酔い。
繋いだ手を握り返してくるIOIを早くも確認。

家どの辺なの?と聞いてみると、かなり遠くから来ていることが発覚。

『それはもう終電ないんじゃない?』
『えっ⁉︎もう無いのかな(>_<)』

おっとりしてるというのか、天然というのか、喋り方もゆっくりな彼女はとても可愛らしかった。

yuu達に近付いて、2人の家が遠いことが分かったと伝える。

K『どうせ終電なくなっちゃうんだから、xxxで飲めば良いんじゃない?』

Y『あ、そうします?笑』

C子に、『タクシー乗るけど大丈夫?』と聞いてみた。



『うん♪』




軽いなオイ( ̄▽ ̄)笑




K『はい。こっちオッケー出ましたー!笑』


すぐさまタクシーを停める。
声を掛けてから10分も経たずに、彼女達と風間邸へ向かうこととなった。

タクシーの中で2人は、
『あたし達どこに売られちゃうのかなぁ(>_<)』と、ずっと心配しているのが可愛くて何かおもしろかったw



スマホを確認すると、流星さんと皇さんは、居酒屋に連れ出しているとのこと。

俺たちもようやく今夜の対戦相手が見つかった。




いつものコンビニを経由して風間邸IN


4人でスミノフを持って乾杯。
恋バナトーク→トランプ(罰ゲームでプチ一気)と繋いで場を盛り上げる。

Y『なんか修学旅行みたいだな♪』

『ヤバイ!楽し~!!』

この一言を言うだけで魔法が掛かる。
彼女達のテンションも自然と上がっていく。(=v=)

彼女達は終電の時間を気にしていたが、このタイミングで更に一言加えて一蹴する。


K『え?終電?修学旅行の途中で帰るヤツなんて居ないっしょ!ww』


『そっか。そうだよね笑』


これで終電グダは崩れた。次は彼女達が着ている浴衣だ。これを脱がせておかないと、スムーズな流れに持っていけない。
D子が着付けを出来ることが幸いした。Tシャツとハーフパンツを渡して彼女達は寝室で着替えてくることに。



ここでyuuと作戦会議。



担当変えますか?と、yuuが持ちかけて来た。それは俺も思っていたことだった。
C子は先程の恋バナトークで好きな人が居ると言っていた。グダが起きやすいのはC子のほうだ。ならば、KYコンビ最強のイケメン&ノーグダリストyuuをC子に投入するほうが、より勝算の取れた戦いになるのではないかと、俺は思っていた。(これは風間個人の見解であるw)


この日の前日、俺達は別の20歳の子2人にKY揃って負けていた。


少し特殊な状況だったので、皇さんにLINEでアドバイスを貰いながら戦ったのだが、完敗だった。
皇さんに、また負けましたと報告はしたくない!ww
未熟者な俺達の面倒を見て貰っている恩を結果で返したい。


そんな思いからの担当チェンジが、結果に結びつくこととなった。


着替えを終えた2人がリビングに降りてきた。めっちゃ似合うじゃんwと茶化してD子の隣に座り、徐々にアプローチを仕掛けていく。次何して遊ぼうか?と聞いてみるが、やることは決まっている。


✨王様ゲーム開始!✨

俺とyuuはお互いが何番を持っているかサインで分かる。いきなりギラつき過ぎず、バランスを取って徐々にハードルを上げていく作戦。



男同士の罰ゲームを彼女達はめっちゃ喜んで撮影していたw


D子はかなりシャイな子だった。
経験人数は1人。彼氏は1年以上居ない。
そして絶対にキスは嫌だと言う。俺とyuuが交互に跪き、彼女の手の甲にキスをするだけで顔を赤くしていた。


結局、キスまで辿り着かず終い。


なかなかガードが堅いなと感じたので、ここで王様ゲームを一度辞めてアナ雪を上映。
シアターモードにすると言って、部屋の電気を薄暗くした。ここで勝負を仕掛ける。


テレビ
yuu C子

D子 K


yuuとC子の背後でD子との距離を詰める。彼女の頭を撫でてキスをしようとするも、顔を背けられる。そのまま首筋にキス。彼女の耳を触り、そこから髪をかき上げるようにして後頭部に手をまわす。
そしてキス。今度は受け入れられた。
あとは前方に座る2人の視線を気にしている素振りを見せつつ、笑いを交えて本キス。




D子がようやく仕上がりました(・◡ु‹ ) ✧*笑


『眠くなって来たから一緒に寝よ。』
少し戸惑う彼女にそう伝えて、寝室へと移動した。

ベッドに横になった彼女から、
『あたし、しないからね。』と、早速クギを刺される。『分かってる。D子がそんな軽い女だなんて俺も思ってないから(=v=)』

『でも、イチャイチャするくらいならイイでしょ♪(=v=)』

そう言うと、彼女は納得した。
軽くキスをして彼女の首を鬼攻め。笑

勿論彼女は、


力無い声でめっちゃ喘ぐ!www


超絶敏感肌。
そして完全にノーグダ。



納涼船✨即\(^o^)/


しばらくしてyuuにLINEを送ると、
yuuも無事ゲット出来たとのこと。



祝✨2週連続コンビ即!
\(^o^)/


くるりに持って行きたかったが、C子もD子もそれぞれを気に入ってくれていたので、これ以上踏み入るのはやめておこうという見解に至った。


朝方、彼女達を駅まで送って行って解散。2時間程の睡眠も取れたので、俺は満足して会社へと出社して行くのであった。



流星さんと皇さんは、居酒屋に連れ出した子達のグダを経て、深夜の新宿で2即ずつ決めたとのことです。

お2人、やっぱりハンパねえっす!( ´艸`)


カルテット即達成となりました!\(^o^)/



【一生に一度の出撃】
ー完ー



【結果】
KYコンビ 2即
皇さん 2即
流星さん 2即



8月ノーゲットの風間です( ・`ω・´) ドヤァ
一時の充電期間を経て、yuuとクラナンに出撃して参りました!




本日の戦場は六本木E箱。


この日も俺とyuuは仕事終わりでの出撃となった。幸いなことに俺は午前で仕事を上がった為、昼寝をすることが出来た。


すこぶる体調が良い(๑•̀ㅂ•́)و✧笑


今日は頭も回りそうだ。
しかしクラナンが苦手な俺は、朝方からの早朝ストに力を入れようと思っていた。笑
クラブではyuuの横で愛想笑いに努めようw
会話もよく聞こえないし、『ええ。左様でございます♪』とか適当に言っておけば十分だなと思い、軽い気持ちでE箱へIN。笑


この箱の素晴らしい所は何と言っても、


男も座れるところである!٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)他にも座れる箱は有りますw

もう三十路を突破したおっさんには、オールだけでもキツイ。
そんな事情にイスまで取り上げられては、たまらん。たまらんよ!という事で、六本木を彷徨うKYコンビは、この箱を初めて選択したのであった。



0時半頃からyuuと地蔵トーク。
現在はお互いに特定の相手が居るので近況を話したり、今後のことなどを交えて軽く談笑。

1時を過ぎても人はなかなか増えて来ない。テーブルとイスのある席を陣取っているので体力を消耗することはないが、実に暇である。

この暇であるという理由から、今視界に入ってる若そうな2人組に声掛けちゃうわ!と、俺が先導を切ってその子達の居る方へ向かうw


そして結局、


yuuが声を掛けた♪
(๑•̀ㅂ•́)و✧笑



B-級 20歳JD Fカップ
C級 20歳JD Fカップ
(jojo)



なにやら和み始めるyuuとJD達。
案の定、全く会話が聞こえないので俺は仏のような顔で愛想笑いを継続(*^^*)w

いつのまにかJ子と俺で会話が成立してきたので、座ろうかと言って4人で着席。

J子に過去の恋愛遍歴を聞いてみる。



付き合った人数は1人。
その彼氏は高校の時。
彼氏とは何もせずに直ぐに別れた。







⁉︎Σ(; ゚Д゚)






この子jojoやん!www







話を聞く限り、男好きではあるようだ。
しかし彼女は自分から行動するタイプでは無い。相手に判断を委ねる押しに弱いタイプ。
可愛い!と、声に出しては言えないが容姿がそこまで悪い訳でも無い。
そして素晴らしい巨ヌーの持ち主( ´艸`)笑

きっと今まで、肉食系男子との出会いが無かったのだろう。
そんな出会いがあったなら、この子がjojoである訳が無い。笑


さーて。どうしたものか( ・`ω・´)



スマホを確認すると、yuuからLINEが来ていた。




さー、どうだろうかww


俺、また連れ込んでjojoグダにて乙とか、ブログ更新したく無いんだけどもww

しかし他にイケそうな案件も無い。
と、言うよりも全然人が居ないww


今日はこの2人を連れ出そう( ´艸`)


yuu担当のF子が主導権を持っていたので、2件目に行こうとyuuが促す。
軽く快諾。一同はE箱を退店した。


Y『さて、どこで飲もうか?てかもう眠いしK君家で良くないっすか?』

K『えー!(´・д・)ウチかよー!散らかってるしウチはちょっと…。』

Y『大丈夫っすよ♪(JD2人に)K君家行きたいでしょ?』

JD『行きたーい!』

K『しゃーないなぁ(´・д・)』






フフ。
計算通りやで( ´艸`)笑



心の中でほくそ笑み、近くに停まっていたタクシーに乗り込んだ。





コンビニで酒とツマミを買って風間邸へ。
トランプで軽く和み、罰ゲームでJD達の胸を揉んでやりました(=v=)笑


F子の方がyuuとイチャつきたがっていたので、J子を連れて寝室へと移動。


jojoとベッドイン。


過去を振り返っても、jojoとしたことがあるのは、俺が初体験をした時だけだ。

あの頃は若かったなぁ
(=v=)笑

そんな回想に浸りながら彼女の服を脱がす。全くのノーグダ。むしろ彼女は捨てることを受け入れている。

ならば、俺の出来る限りの優しさを持って彼女に尽くしてあげよう。
幸い、彼女はとんでもない敏感肌だったので、下は物凄いことになっていた。
ゆっくり慎重に沈めて待機。
痛がる女の子を見るのは新鮮だった。
しばらくすると、慣れてきたよと彼女が言うので、後はもうスムーズに、



クラナン即✨\(^o^)/



終わった後に、彼女のおでこにチューをした。すると、

『K君優しいね。ありがとう♡』

と、感謝の言葉を頂きました♪笑



その後彼女とタバコを吸いにリビングに降りて行くと、


今まさに突き刺す寸前のyuuの邪魔をしてしまうミステイクが起きるwwww



yuu君、ホントすいませんでした( ´艸`)ww



yuuから終わったとメールが来たので、リビングにて4人で和み直す。


後はどうクルっとするかだ。笑


ジャン負けで服を脱ぐという、あからさまな罰ゲームをするも、F子だけが服を脱ぎたがらない。むしろjojoだったJ子の方がノリ気になっているという不思議な現象が起きる。笑

そしてyuuに対する食いつきが凄まじいことが1番の要因となり、今回のくるりは断念することとなった。笑

俺とyuuの2射目の充填が追いつかないこともありましたが( ´艸`)


軽く仮眠を取り、彼女達を車で駅まで送り届け、今回のクラナンパーティーはお開きとなったのであった。




【結果】
コンビ連れ込み
2即(KYコンビ)





久しぶりのコンビGETとなりました\(^o^)/
クラナン即とか、もはや都市伝説かと思ってましたが、実際に有るみたいです( ´艸`)笑



ナンパンマン皇さんに初めて会った日。に、ストナンから居酒屋へ連れ出した彼女とのアポ。




B級22歳 JD4年 風の民




出会ったその日に即れそうな雰囲気はあった。しかし彼女の大学寮の門限グダで解散。
また会う約束を決めてはいたが、随分間隔が空いてしまった。【鉄は熱いうちに打て】という言葉があるが、彼氏を2人囲う彼女の熱はもう冷めているのではないか?
俺は彼女と頻繁にLINEでやり取りをしていた訳でもない。

これは、ひょっとして



俺ドタキャンされちゃうんじゃないの?www


と、半信半疑な状態で当日を迎えることとなった。





遊ぶ意思があることを確認。


彼女の大学寮のある駅まで迎えに行く流れになっていたので、迎えに行って音信不通というリスクを事前に回避。


仕事を終えた俺は彼女との待ち合わせへと車で向かった。


待ち合わせ場所の駅が視界に入った頃、偶然にも駅へと歩いている彼女を発見する。


駅のロータリーに車を停めて彼女の元へ歩いて行く。今日の俺の服装はホスト系。


『お疲れ~♪今日も清楚で可愛いね(*´艸`*)』


クスっと笑い、『お疲れ様です♪』と言う彼女を車に乗せてお台場へと向かった。





はい。





お台場行き過ぎですよね!
分かってます!分かってますよ!w
でも、マジでお台場使えるんです!(੭ु⁾⁾ ˃̶͈̀ω˂̶͈́ )੭ु⁾⁾w



彼女と車中での会話。
俺が話題を振って彼女が話す。最近はずっとこのパターン。聞きて役に回ったほうが実にラクである。どんな話でも楽しそうに聞いてリアクションをする。
彼女の話をちゃんと聞くことで、少しずつ彼女のことを理解し、この後の攻め方を考える。



お台場に到着。

22時半頃に到着したので、周りの飲食店もギリギリ営業中だった。しかし23時にはファミレスさえも閉まってしまう。
彼女に、『ご飯はウチでレリゴー観ながら食べようか♪』と言うと快諾。
海浜公園の夜景を観ながら散歩&和みトーク(主にくだらない話メインw)をした後、風間邸へと向かった。





コンビニで夜食とお酒を買って自宅in


ディズニー好きの彼女は、レリゴーが観たいと言うので早速上映開始w

彼女はノリでギラついてもきっと大丈夫だと思い、ここでジャブを打つ。



リモコンを取るふりをして彼女にキス


『おいw』

『ごめんごめんw』
『ホント偶然だからwただ、そんなとこに可愛い顔あったらこれはもうしょうがないわw』

と言って、キス攻めを繰り返すw



早くも本日の勝利を確信。



レリゴーを2人で観ていたが、気付くと俺は少しの眠りに就いていたそうだ。笑
映画が終わり、俺は少し寝ぼけながら、『やべぇ。レリゴーしないとw』と言って、彼女を抱き上げて寝室へ。笑

こんなに適当な状態なのにノーグダ。笑
更に風の仕事で修練されたサービスを提供してもらい、もうアレやコレやと色々あっての~



ハイ。準即✨\(^o^)/




翌朝。彼女も予定が無かったので、今日何して遊ぼうかという話題に。


『どっか行きたいとこある?』



『ディズニー♡♡』





ディズニーへ行くことが決定したw



ノリで来てしまったものの、ディズニーデートは結構な出費になる。
アフター5で入場すれば若干安いし、彼女も自分のチケット代くらいは出すだろうと思っていた。

駐車場の入り口で2000円を支払って車を停めた。すると思いがけないことを彼女が口にした。


『昨日のコンビニとかもあたし出してないんで、これ受け取ってください。』


ちょっと大きなお札を渡された。
なんてイイ子!!\(^o^)/
これは気持ち良くディズニーのチケット代を払ってあげよう!
そう思い、チケット売り場へ行くと、



『ここはあたしが出します!』



まじかーーーーっ!!!



彼女が付き合っている彼氏達の話を聞いていたが、彼女よりも年下のイケメン達は皆、彼女にたかったり借金をさせたりと、ろくでもない男達ばかりだった。
借金をしたのが、風の道へと進むキッカケになったらしい。
これは彼女が男を繋ぎ止める為のひとつの手段なのだろう。可哀想な子だなとは思ったが、そんな風に思う俺も彼女に奢って貰うこととなった。
そして、より優しく彼女に接してしまう。


やっぱり俺もクズだなと、この時は思った。


彼女とディズニーデートを楽しんでいると、思いも寄らない幸運が舞い込んで来た。


今、ディズニーで話題となっている


✨Once Upon a Time✨





なんか当たってしまったw


一大イベントを特等席で座って観れる。
彼女に、『日頃の行いが良いからだね♪』と言って持ち上げる。笑



あまりに綺麗で幻想的な演出に、言葉を失う。これはめっちゃ感動します!!



そして彼女の門限の時間が近づいてきたのでディズニーを後にし、彼女の大学寮へと送り届けて、デートは無事に終わりを迎えた。







今回、俺はナンパした子に奢って貰うという初めての経験をした。
デートが終わっても財布の中身が減っていない。きっとこんな風に【奢られるという快楽】に人は溺れ、ダメになっていくのだろうなと思った。

既婚時代の俺は、風俗にお金を落としていた側だった。
ナンパという行為で出会うことにより、まさかの逆転劇が起きた。
きっと彼女はどこか寂しいと感じているに違いない。
別れた後に、好きですとLINEに入ってきた。続けて今付き合っている男達と別れるから付き合って欲しいと。
幸いなことに、俺は彼女に借金をさせるような男程クズではない。
今度、彼女とデートする時には俺が気持ち良く奢ってあげよう。

そんな普通の付き合い方があることを彼女に知ってもらいたい。


彼女がいずれ今の仕事を辞め、普通の付き合い方を知る頃には、俺はもう必要無くなっている筈だから。


そんな風に思える彼女との出会いだった。



fin.


渋谷のCで番ゲしたスタイル抜群の看護師さん。


記事には書いていないが、先週のアポで負けている。時系列で言うと、no.5とno.6の間。


カフェ飲み→ホテルグダ→カラオケへ→ギラ→キス、胸クリア→続きは場所グダ。


更に、初のグダも経験した。




それは…










俺の見た目がチャラ過ぎるグダwww



夜から彼女の予定もあり、前回はこれでタイムアップを迎えた。





今回はそのリベンジマッチとなる。




クラブに出撃するようになって4ヶ月が過ぎた。しかし1度もクラナンからのGETは無い。俺はクラナンに向いてないことは重々承知している。だが今回はようやくチャンスが訪れた。

以前のキレカジ系に服装をチェンジして、エセ紳士となった俺は彼女との待ち合わせ場所へと向かったのだった。




都内某所
23:00


仕事を終えた俺は、車で彼女との待ち合わせ場所へ。
彼女も仕事終わり。路上に車を停めて彼女が到着するのを待っていると、反対側の歩道を彼女が歩いて来た。電話を掛ける。

『次の横断歩道を左に渡ってね~♪』

横断歩道を渡って来た彼女と落ち合う。

しかし、


カジュアルな服の俺に気付いていない!!!www


ちょっとちょっと!これじゃナンパになっちゃうから!俺ここだから!ww





B-級 26歳看護師



彼女は俺に気付いてめちゃめちゃ驚いていた。
その格好のほうが絶対良いよ!と言われる。笑

クラブで出会った彼女。思っていた程のクラブマジックは無かった。俺の印象では、もう少し遊んでそうなチャラい子だと思っていたが、それはただの偏見だった。
彼女は割としっかりしていて、普通に愛嬌のある女の子だった。


彼女を車に乗せてお台場の海浜公園へ。




この場所はもう定番化されつつある。

彼女と手を繋ぎ、夜景を観ながら海沿いを散歩する。前回の無数の提灯はやっぱり無かった(ノ_<)

彼女とくだらない会話を交えて笑い合う。
エセ紳士としてのラポールを築く。笑


『ご飯どうしようか?外で食べる?それともウチで食べる?』


『あ、そういえばアレ買ったんだけど一緒に観ない?』





ここでルーティーンを発動した。




それは、




レリゴールーティーン!w



『観た~い♡』

ひとつ返事でご飯を食べて、ウチへ行く流れが簡単に確定した。笑

食後、コンビニで買い出しをして風間邸へ。お酒を飲みながら『アナと雪の女王』を観賞。途中、何度かちょっかいを出すと、『今観てるからっ!!w』とグダられる。笑
(彼女は映画館で2度観ているw)


レリゴールーティーンは、集中して観られるというデメリットもあります。
使われる方はご注意くださいw


映画が終わり、エンドロールでレリゴーが流れた。

よし。俺もレリゴーしよう。


彼女に本キスをする。ブラジャーを外す。胸を攻める。あんあん言う。完全にノーグダ。



機は熟した。




彼女を抱き上げて3階の寝室へ。
ベッドに寝かせて服を全部剥ぎ取ると、



めっちゃスタイルがイイ!


服の上からなんとなく分かってはいたが、ウエストが細くて出るとこは出てる。
これはポイントが高い!!!w


そして、





✨祝✨
クラナンからの
初GET達成\(^o^)/


会ったのは3回目なので、準準即。



翌日の昼から彼女に予定が合ったので、1本で帰れる駅まで送って行って解散。





今回は特にグダられることもなく、実にイージーな展開でした。
家へ招く自然な理由付けのレリゴールーティーン。今後も活用して行こうと思います(*゚∀゚*)







【今回の反省】



お医者さんごっこするの忘れました
(・◡ु‹ ) ✧笑




fin.



【納涼船】準即。


B級 22歳OL



【第1回】船上のピックアップアーティスト【見習い】にて、鬼グダにより即出来なかった彼女とのアポ。


その日から彼女とLINEでのやり取りが始まった。

彼女は仕事で行き詰まっていることを俺に相談してきてくれた。出来る限り彼女のことを考え、アドバイスをする。


か弱くも必死に頑張ろうと前を向く彼女に惹かれていった。
彼女に対して特別な想いが芽生えた。




彼女とのアポ当日。


23:30

激務を終えた彼女を車で迎えに行き、お台場の海浜公園へ。




海沿いを散歩していると、ロウソクが灯された無数の提灯を発見。とても綺麗だった。
この日限りの演出だったのかもしれないが、彼女もとても喜んでいた。


2人でお台場近辺の居酒屋へ。


車で来ていたので、食べ物とジュースを頼んで彼女と談笑。この後は俺の家でお酒を飲もう。目をこすり始めた眠そうな彼女を連れて自宅へと戻った。



彼女は先月末に3年半付き合った彼氏と別れたばかり。
前回の鬼グダのラインナップの中で、1番大きな要因はこれだったのかもしれない。



彼女に好きだと伝えた。
気持ちの整理がまだ出来てないと彼女は言った。
今すぐに付き合って欲しい訳じゃない。
好きだから一緒に居て欲しいだけだよと彼女に告げる。


そして、


ノーグダにて準即。





翌日、彼女と朝食を済ませてカラオケへ。
UFOキャッチャーで彼女の好きなリラックマを取ってあげ、プリクラを撮った。

時間を気にせずにただのデートを楽しむ。
随分久し振りのことだった。

夜ご飯を食べて、彼女の勤務先の駅まで送って行った。俺と彼女の家はかなり離れている。




約1日近くを彼女と過ごした。





彼女は別れ際に『寂しい』と言った。





なんだか俺まで寂しくなってしまった。
ナンパを始めてから、こんなにイイ子に出会ったのは初めてのことだ。
余り人を信じられない俺でさえ、彼女は信頼に値する。
彼女に好きだと伝えたことは嘘じゃない。



離婚と最愛の彼女との別れから5ヶ月






また人を好きになった。








彼女との物語がもう少し続くことを願う。


↑このページのトップヘ